フィリピン英語留学はビーイーキャンプ > フィリピン留学や英語の勉強に役立つコラム > 日本人経営・韓国人経営の英語学校の違い

日本人経営・韓国人経営の英語学校の違い

フィリピンにある英語学校には、大きく日本人がオーナの日系の英語学校と韓国人がオーナーの韓国系の英語学校に分けられます。

以前はフィリピンにある英語学校は韓国系の学校ばかりでしたが、ここ数年で日系の英語学校も増えてきました。

そんな日系(日本人経営)・韓国系(韓国人経営)の両学校の違いについて紹介したいと思います。

日系(日本人経営)の英語学校の特徴
・基本日本人向けに作られた英語学校
・カリキュラム、食事も日本人向け
・生徒国籍は日本人のみ(※韓国や他の国籍の生徒さんを受け入れてい場合もあり)

韓国系(韓国人経営)の英語学校の特徴
・基本韓国人向けに作られた英語学校
・カリキュラム、食事も韓国人向け
・生徒国籍は韓国人が多いが他の国籍の生徒さんを受け入れている場合も多い

日本人が経営している日系の英語学校は、基本日本人向けに作られている学校が多いです。
基本カリキュラムは日本語訳が記載されて、食事も日本人の方に合う食事を提供している学校が多いです。
講師の変更などの希望も日本人スタッフが常駐しているので、柔軟に対応してくれる学校も多いと思います。
生徒国籍は日本人のみの学校も多いですが、規模が大きい学校などは韓国や他の国の生徒さんも受けいれていたりします。

韓国系の学校に行っていた日本人の方達に感想を聞くと、カリキュラムに日本語訳がなくて不便だったり、食事も韓国人に合わせているので辛い事が多く合わなかったという感想も聞いたりします。

韓国人がオーナーの学校では、基本韓国人の方向けに作られているので、どうしても合わない部分が出てくる場合もあると思います。

また韓国人は一緒に行動するのが好きなので、どこか行く際によく誘われます。しっかり勉強したい時に断れればいいですが、断れない人はストレスがかかるかもしれません。

ただ彼らと一緒に行動する際は英語を使わないといけないので、相手が英語が上手でコミュニーションを英語で取れるレベルであれば、一緒に行動する事で英語を喋る良いアウトプットになります。
全く英語が喋れない相手だと、英語でコミュニケーションを取るのは難しいですし、口数も減ってしまうので英語を練習するという面ではあまりお勧めできません。

留学費用に関しては韓国系の学校の方が比較的安いのも特徴です。
韓国系の学校の中には長く経営をしている学校もあり、授業のカリキュラムや講師の育成もしっかりしています。そういった学校では効率の良い学習ができると思います。

b.E.Campは日本人経営の英語学校です。まだ設立したばかりの学校ですが、立ち上げたスタッフは実際にフィリピン留学も経験していますし学校のマネージャー経験もあるので経験値は高いです。フィリピン留学前または留学中も留学に関してや生活のご相談は、日本語で問題なくできますのでお気軽にご連絡ください。こちら

7a2f61e53f9f7f26519a6252abd9d375_s

まずはお気軽にお問い合わせ下さい!

TEL:+63-2-887-1863

年中無休 受付時間 10:00 ~ 19:00