ホーム > 生活に役立つ情報コラム > タガログ語について【使えるタガログ10選記載有り】

タガログ語について【使えるタガログ10選記載有り】

タガログ語(Tagalog)とは

タガログ語(Tagalog)はフィリピンの言語の一つで、首都マニラを含むルソン島南部を中心に用いられています。
フィリピンの公用語は、英語とフィリピン語(タガログ)が採用されています。

フィリピンは7,000以上の島があり、タガログ語以外にもセブアノ語、イロカノ語、、ワライ語、ビコール語、ヒリガイノン語などなど地域によって色々な言語が話されています。その数約170の言語存在するとも言われています。なので同じフィリピン人同士でも会話ができない場合も起きるので、その際は英語での会話となります。

フィリピンでは英語が通じる事も多いですが、フィリピン人の中には学校教育をしっかり受けられなくて英語が全くできないフィリピン人の方も中にはいるので、タガログ語も喋れれば心強いです。

英語が喋れない人とコミュニケーションをとるのは非常に困難です。

タガログ語の発音は、多くの音はローマ字読みををしても通じる事が多いので英語より難しくないので、取り組みやすい言語のひとつだと思います。

使えるタガログ10選

フィリピン留学した際に使えるタガログフレーズ10選を紹介したいと思います。

①Salamat(サラマット)

「ありがとう」 / Thank you
を意味するタガログ語です。語尾に”po(ポ)”を付けて「Salamat po(サラマッポ)」で丁寧語になります。

②Isa(イサ)、dalawa(ダラワ)、tatlo(タトロ)

1,2,3 / One, Two, Three
数を数える時に使います。トライシクルに人数を伝える場合や、物を複数買う時に使えます

③Magkano ba ito?(マグカーノ バ イト)

これはいくらですか? How much is it?
当校周辺はぼったくりに合う可能性が少ないと思いますが、トライシクルに乗る際等に使えます。

④Magkano ba ito?(マグカーノ バ イト)

「元気ですか?」 / How are you?
挨拶した後、会話を続けたい時に役に立つフレーズです。

⑤Mabuti naman(マブーティ ナマン)

「元気です」 / I’m good
上記④の質問をされた時に答えられます。

⑥Para(パラ)

「止めてください!」 / ”Stop!”
ジプニーなど乗った際に使えます。

⑦ Sige(シゲ)

「いいよ」 / ”OK”
質問された時に「いいよ!」という時に使えます。

⑧Ano ang pangalan mo?(アノン パンガラン モ)

「お名前は何ですか?」 / ”What’s your name?”
初めて会ったフィリピン人に使えるフレーズです。

⑨Ano ito?(アノ イト)

「これは何ですか?」 / ”What’s this?”
フィリピンに初めて来比された方は初めて見るものが多いと思います。
このフレーズは質問する際に使って下さい。 

⑩Marunong ka ba mag-“English”?(マルノング カバマグ イングリッシュ)

「英語話せますか?」 / “Could you speak English?”
英語を話せなさそうなフィリピン人に使ってみてください

まずはお気軽にお問い合わせ下さい!

TEL:+63-2-887-1863

年中無休 受付時間 10:00 ~ 19:00