フィリピン英語留学はビーイーキャンプ > カリキュラム > グループトレーニング・日本人講師クラス

グループトレーニング・日本人講師クラス

グループトレーニング・日本人講師クラス

マンツーマンも大事ですが、仲間と一緒に勉強してお互いに刺激できるグループトレーニング。 通常2人~4名程になります。(その時の生徒数により異なる)
初心者には非常に嬉しい日本人講師による発音クラスと文法クラスもあります。
やはり初心者の場合は日本語で説明を受けた方が早いです。
レギュラーで日本人講師のレッスンがある英語学校はめったにありません。

■ 自己紹介・プレゼン・ディスカッションクラス

日本人は英語の自己紹介、人前で喋る事が非常に苦手です。
英語で自分の自己紹介ができると一気に外人と話した時に仲良くなるスピードが高まります。
実際に、外で何を喋って良いか解らないと言う方が多いです。それは圧倒的に準備をしていない、練習をしていないからです。
b.E.Campではグループクラスで人前で喋る事に慣れて、実際に『使える英会話』のトレーニングを行います。
マンツーマントレーニングで練習した事を、さらにグループクラスで磨きを上げましょう。
最初は恥ずかしく感じるかもしれません。ただし、その恥ずかしさを乗り越えると会話が楽しくなります。

先ずはすぐに使える「自己紹介」の練習、その後自分のレベルが上がってきたら、話し方や、さらに深い自己紹介にもなる「プレゼン」や、自分の意見をしっかりとする「ディスカッション」とレベルを上げていきます。

メリットはやはり人前で喋る事に慣れるのと、即効性の高い『活きた英会話』の練習、そしてグループクラスで他の生徒の言い回しを耳にする事によって、「こんな言い方・言い回しがあるんだ」と気付き自分の物にし易い事です。
自分のレベルが上がっていくと、いつかいつも同じワード、フレーズしか言っていないと気付く方が多いです。他の人の良い方や言い回しを経験する事によって、自分自身の会話の幅を広げる事ができます。

■ 洋楽クラス

発音方法を勉強した後、正しい発音が癖になるまで繰り返し練習する必要があります。 当然、発音クラスでも繰り返し発音の練習はしますが、正直それだけでは足りません。 普段の会話で、意識せず自然に正しい発音が出てくるようになるには相当練習しなければなりません。

そして、音のルール(発音・シラブル)を勉強した後も、英語が聞こえるようになるまで繰り返し聞く必要があります。 これもリスニングクラスだけでは足りません。日常生活で、英語が自然と耳に入ってくるようになるには相当繰り返し聞かなければなりません。

ただ、同じことを繰り返し練習するというのは、すぐに飽きがくるし中々苦痛な作業です。でも、それが音楽であればどうでしょうか? 繰り返しも楽しい作業になりますよね。特に音楽好きであれば。1度曲を覚えてしまえば授業以外でも気軽に練習できるので、発音も聞き取り力も飛躍的にアップすることができます。

そして、初級者の方でも音楽好きであれば楽しく勉強でき、大量に繰り返し練習することになるので、自然と語彙も覚えられ、正しい発音、英語独特のリズム感も身につけることができます。

■ 英語伝クラス

このクラスはアメリカにある一部の俳優養成所や日本ではワークショップで行われているものを語学学習用に改良したもの。

使用する教材は、英語伝というウェブサイトに掲載されているダイアログで、学校の教科書では学ぶ事ができない生きた英語表現をたくさん学ぶことができます。 1人1人が十分に英語を口にする事ができ、周りに刺激をもらいながら楽しく効果的に学習できます。

■ ナオキのハートで感じる基礎文法クラス

英文法と聞くと「勉強」「難しい」などのネガティブなイメージを持つ人も多いと思いますが、このクラスでは、英文法を頭で理解するのではなく「感じる」に重点を置いていますので、楽しく英文法を勉強することができます。

文法って退屈、文法が苦手、文法と聞くだけでダメだと毛嫌いしていた人でも、この授業で英文の捉え方が180度変化するので、無機質で退屈に思えた英文が「感じる」ことによってイメージし易くなり、文法の勉強が楽しくなります。 文法を「丸暗記」するという学習方法が、英語からその風景を「イメージ」する学習方法に変ったような感覚になります。

講師は、b.E.Camp 代表の「ナオキ」こと伊藤 直樹が、会話英文法で有名な教材「ハートで感じる英文法」を基に、どのレベルの方にもわかり易い授業を展開していきます。

■ ナオキのフォニックス・リスニング・ディクテーションクラス

英語の発音には『フォニックス』と言うルールがあります。フォニックスは「英語の文字と音のルール」です。
その基礎をこちらのクラスで学びます。
英語圏の多くの子どもたちもフォニックスを学び、「文字と音のルール」を学びます。日本人はそのルールを学んでいないので発音がとても苦手です。このルールを学び、練習することによって、発音の習得スピードを上げることができます。
フォニックスを学ぶと、リスニングやスペリングも強くなるという効果もあります。
英語をある程度勉強してからフォニックスを学んだ方は、「こんな良い物があったのか!」、「何でこんな良い物をしらなかったんだ」、「日本の学校でもコレを教えれば良いのに」と仰ります。


日本人クラスイメージ

その後、フォニックス→リエゾン→ネイティブスピーカーリスニング→ディクテーションのコンボで発音、リスニングの成長スピードを高めます。
スクリーンショット 2016-01-15 18.47.46


マニラへ出張授業も受け付けております
吉本のお笑い芸人・フィリピン住みます芸人のハポン3さんにも受講して頂きました。 記事はコチラ


スクリーンショット 2016-07-20 13.36.07
他の方の体験談はコチラ

まずはお気軽にお問い合わせ下さい!

TEL:+63-2-887-1863

年中無休 受付時間 10:00 ~ 19:00