ホーム > フィリピン留学体験談 > 英会話のブラッシュアップに!フィリピンのボラカイ島閉鎖に伴い短期フィリピン留学へ!
40代・Yurinさん・1週間

フィリピン留学体験談

英会話のブラッシュアップに!フィリピンのボラカイ島閉鎖に伴い短期フィリピン留学へ!
40代・Yurinさん・1週間

2018/10/15 更新

お名前  : Yurinさん(女性)
職業/年齢  : ダイビングショップ経営/40代
留学期間  : 1週間

フィリピンのボラカイ島閉鎖

フィリピンのボラカイ島でダイビングショップを経営していたが、ボラカイ島が閉鎖に伴いお店が営業できなくなり、閉鎖期間中の時間のある時に仕事にも活きるので英語にみがきかけようと思いました。

仕事で英語とタガログと日本語がごちゃごちゃに使っていたので、もう少し英語を綺麗にしたいなと思いました。

知人からベーシックイングリッシュキャンプを紹介してもらい、なんとか1週間だけ時間を作ってしっかりと勉強に集中しようと思い留学しました。

ISLAND STAFFのTOP画
Yurinさんが経営しているボラカイのダイビングショップ『ISLAND STAFF』のホームページ

b.E.Campのレッスン内容

マンツーマンレッスンでビシバシ鍛えてくれます。学校の特徴でもあるスピーキングのトレーニングをさせるという方針で、一度言えても再度繰り返し生徒に言わせるようにしています。

ミスしたところはすかさず指摘され、修正されて、また言わされます。部活の練習みたいです。

けれでも繰り返して言うことにより、不思議と口が回るようになるので楽しいです。

途中、単語が出て来ない時や、意味を知らない単語が出て来るとそこで考えてしまって喋れないのが悔しい。

知らない単語は意味をわかりやすい言葉で説明してもらい、意味がわかったら例文を出してくれてそれをスピーキングします。ここでも上手く言えないとすぐさま指摘されて直すトレーニングです。

フィリピンと日本の生活習慣で違うこと

生活習慣や文化など違うことは多いです。慣れるにも時間がかかるのでまずは受け入れる必要があります。

特にフィリピン人は時間にルーズであったりします。学校はチャイムが置いてあり、それに従って先生は動くので安心です。

ビールやダイビングも日本やボラカイ島と比べると安いです(笑)

b.E.Camp周辺の環境について

静かなところにあります。セブンイレブンが近くにあり生活用品などそちらで購入しました。

生活は、午前中からレッスンがあるので12時に寝て、7-8時に起きるという規則正しい生活が送れました。

学校からほとんど出ず勉強していたので運動不足になりました。

外に出たのはセブンイレブンと、近所の洗濯屋さん、1回だけ飲みに行きました。

吉本の芸人の堀越君も一緒の時期にいたので飲みに行きました。

吉本興業の堀越さん(左)とYurinさん(右)

今後来られる方へ

b.E.Campのフィリピン留学の後、知り合いのフィリピン人から

おっ、Yurinの英語が変わったね。

と褒められました。

なので短期期間の英語留学でも効果がありました。後は継続してこの英語を使っていきたいです。

あと単語が出て来ないことが多いので、基本、中学1年レベルから単語の勉強をしておくのをお勧めします。

ビーイーキャンプでは週末〜の短期フィリピン留学も実施しています!
料金など詳しくはこちらをご確認ください
⬇⬇
【初心者歓迎!フィリピンで唯一の初心者専門の英語語学学校ビーイーキャンプ】
週末短期フィリピン留学について

まずはお気軽にお問い合わせ下さい!

TEL:+63-2-887-1863

年中無休 受付時間 10:00 ~ 19:00