ホーム > 体験談 > フィリピンの現地大学の休みを利用してb.E.Campへ!
真摯に繰り返し正しい発音を教えてくれた!!
20代・Maiさんの2泊3日

体験談

フィリピンの現地大学の休みを利用してb.E.Campへ!
真摯に繰り返し正しい発音を教えてくれた!!
20代・Maiさんの2泊3日

2018/03/23 更新

お名前 : Maiさん
職業/年齢 : 大学生/20代
留学期間 : 3日間

フィリピンの現地大学の休みを利用してb.E.Campへ

フィリピンの現地大学に交換留学で来ており、学校の休み期間に英語を徹底的に勉強できる環境で、極めたいと思いBECに行くことを決めました。
休み期間は、学校の友達とも会う機会が少なく、フィリピンにいても英語を使う機会が少なかったため、一日中英語に浸れ、周りにつられてやる気のでるBECでの留学は数日間だけでしたが、充実したものでした。

参考記事:2泊3日からの『超短期留学』について

発音クラスが充実していて、とても分かりやすかった

まず最初に日本人の方が丁寧に英語の勉強の仕方を基礎から教えてくれます。
いつでも頼れてノリのいい 日本人スタッフの方が、学校にいてくれるので安心です。また、説明は日本語なのでシステムがわからない、なんてこともないため、安心して留学生活を始めることができます。

参考記事:選ばれる5つの理由

・真摯に繰り返し発音矯正をしてくれるマンツーマンレッスン

私は、中学の頃から英語を勉強してきましたが、 発音にフォーカスして英語を勉強したことがありませんでした。ほかの語学学校に行った際も、発音にフォーカスした授業はなかったので、発音には自信がありませんでした。私が困ったのは、RとLの連続やAの発音のしかたでした。
しかし、 先生は何度も何度も発音してくれて、私の発音を直してくださいました。 マンツーマンレッスンなので、恥ずかしさもなく、大きな声で正しい発音ができるまで、真摯に教えてくれました。

参考記事:英語習得のポイント

・実践を意識した熟語のレッスン

受験勉強では、覚えるのが苦手だった熟語でしたが、BECでは熟語を何度も声に出して読み、さらに実践的に使えるように例文を作ったりと楽しく、効率よく熟語の習得ができました。

・ネイティブではわかってくれない悩みも解説してくれる日本人講師クラス

BECでは、 日本人講師クラスにも参加できます。日本人講師クラスでは、「リエゾン」といって、音がつながって表記とは異なる発音になる現象を学びました。ネイティブの先生では、わかってくれない悩みも、同じ日本人で英語学習者である日本人の先生が教えてくれるため、とても分かりやすかったです。

参考記事:日本人講師クラスについて

学校周辺は平和で、現地の文化にも触れられる

学校はマニラ空港から45分くらいのところに位置し、マニラ首都圏よりも空気がきれいで平和な印象でした。
最初は私も トライシクルでお金をぼったくられるのではないかと心配でしたが、一人で乗っても適正価格で学校に連れて行ってくれました。(学校から、事前に適正価格の案内をいただいてたのでさらに安心でした。)

参考記事:b.E.Camp周辺情報

近くには、安くて可愛いパン屋さんや、コンビニなどもあります。また、私がこの地域で一番好きなのは、毎朝『ズンバ』と呼ばれるダンスをやっていて、そこに参加できることです。英会話の実践ができるし、現地の文化にも触れられます。

アットホームな環境と日本人向けのに味付けされた食事

学校で一緒に英語を勉強している日本人の方々はとてもやさしく、夜にみんなで一緒にご飯を食べに行ったり、お話をしたりと、数日間だけでしたが、家族のように感じました。

食事に関しては、昼食、夕食と学校で出してくださるので、外に出なくてもいいし、日本人の口にも合うようにできていたので、食事で困ることはありません。

参考記事:b.E.Campの食事

設備に関しては、フィリピンのインフラ事情の関係でシャワーやトイレなどの水の出が悪いということはありましたが、部屋はきれいで虫も出なかったのでリラックスできました。

参考記事:b.E.Camp宿泊施設

今後来られる方へ

フィリピンの文化を事前に調べておいたら、フィリピンでさらに充実した留学生活が送れると思います!

Maiさんが体験したb.E.Campの超短期留学についてはこちらから
⬇⬇

【初心者歓迎!b.E.Camp 2泊3日からの超短期留学】

まずはお気軽にお問い合わせ下さい!

TEL:+63-2-887-1863

年中無休 受付時間 10:00 ~ 19:00