フィリピン留学はビーイーキャンプ > 新着情報 > 未分類 > BECに出会えたてよかった Akiraさん 40代 男性 1週間の短期留学

新着情報

BECに出会えたてよかった Akiraさん 40代 男性 1週間の短期留学

2017/05/22 更新

Akira
英会話勉強に集中出来る学校でした。

◾️動機、きっかけ
海外旅行が好きで、現地でもっと会話出来たら楽しくなるのにと思う機会が増えてきたのをきっかけに、2016/4から英会話の駅前留学を実施。
今回のGWに長期の休みが取れる事がわかり、海外旅行もしながら英会話のレベルを上げるべく英語漬けの毎日を過ごすことが出来るような旅行の内容をネットで情報収集したところ「フィリピンにて英会話留学が出来る」という情報を入手。
英会話の駅前留学のGW集中講座やアメリカ、カナダ、オーストラリアで英会話留学実施するのと比較して費用面で遥かに安いフィリピンにて英会話留学をする事としました。

 

◾️BECを選んだ経緯及び理由
フィリピン留学を決めてから旅行のスケジュール参加可能な英会話学校を何校かピックアップし最終的に初心者向け、立地、費用等を比較し、

①セブ島の完全寮の学校
②マカティ市の英会話学校(ホテル別)
③ビーイーキャンプ(BEC)★

の3校に絞りました。
費用、立地(短期留学なのでロスなく移動可能か)、授業内容等も確認し、最終的に学校を決めるにあたりやりとりしていく中で「質問等への回答が一番丁寧だった」
ビーイーキャンプ(BEC)であれば、在学中も丁寧な対応をしてくれると思いお世話になることにしました。
また、細かい点では5/1のメーデーで休日ではあったが有効活用でのスケジュール提案してくれたのも理由の一つです。

 

◾️留学前の英語力
中学1年の1学期で、英語が嫌いになり(以降英語を聞くと眠くなる状態)約25年を過ごす。
15年前に海外旅行にはまり以降毎年パック旅行で海外へ。
5年前に一人旅行は、自前での旅行の方が総額で安くなる事に気がつき個人旅行に切り替える。
最低限の英単語及びジェスチャーで旅行をこなしていたが、2016/4から駅前留学を開始。
同時に通勤中の英語音楽を聞くのと中1からの文法(三単元とか)の復習を実施。
ちなみに、2015/6のTOIECで約320点(ヒアリング約200点)となります。

 

◾️学校の様子・授業内容
学校に来た当日は、私の他男性2名が新入生とし入学し、既存として女性1名男性2名がいらっしゃいました。
卒業するまでに、女性1名、男性1名も来られMAX8名が同時に受講する事が出来ました。
食事は、日本人の口にあうようになっていました。(最終日の豚キムチサイコーでした(笑))
私は、集中コース(マンツーマン6時間/グループレッスン2時間)の内容で受講し4/30(日)に入校、5/1にオリエンテーション、5/2・5/3・5/4・5/5の4日受講、5/6マニラへ移動のスケジュールで実施させて頂きました。

①発音の練習:日本語母音に慣れてしまい発音違うと注意されるが違いがわからない状態におちいりました。とにかく、水が必要な授業になります(これを毎日2レッスン実施)

②SBS:テキストを利用し勉強しました。簡単な質問をもらい回答したりこちらから質問したりするのだが、単数、複数、the、aの細かい使い方等が間違えており、間接的に気がつくように教えてくれました(これを毎日2レッスン)

③青いテキスト:質問と回答を何度も何度も繰り返します。頭では、わかっているのだが言葉が出ない状態に何度も陥りました。レッスンの録音もOKとの事で録音させて頂き授業の復習を聞きながら出来ます。但し、何でこんなにしゃべれないんだと自己嫌悪感に襲われますが・・・

 また、英語の文法で、S・V・C・Oとかについてはそれぞれ何を意味しているかは知っていましたが、(主語・目的語等)それ以外にadjやnoneも事前に覚えておく必要がある事を痛感しました(これを毎日2レッスン)

ちなみに、毎日朝5:30に鶏の鳴き声でおきて(笑)1時間ぐらい携帯アプリで単語を聞きながら声に出し散歩していました。
日本では単語をぶつぶつ言って街中歩いていると変質者扱いかもしれませんが、フィリピンには知っている人いませんし安心して???実施させてもらいました。
(実施する場合、車やバイクの通行が多い場所では方耳のイヤホンははずして安全確保は必要だと思います)

全体的に、マンツーマンなので1レッスン50分ですが、集中しているとあっという間に終った気がします。
先生は基本優しく教えて頂き良くわからない場所については、根気よく表現を変えたりしてとことん教えてくれる姿勢はすごいよかったと思います。(全体的にフレンドリーな雰囲気でした)
また、たまに私の集中力が切れてしまった場合ちょっと英会話で雑談し休憩することも出来ました。(午前中に4レッスン入った日がしんどかった・・・)

 

◾️学校の周辺
治安は非常に良いです。朝早くの散歩、夜の散歩も問題なく歩けます。
他の方も書いたいる通り、セブンイレブンやスーパーも近くにあり買物では不便しませんしトイセクル(サイドカー付きバイク))に乗れば、10分ほどで少し大きな商業エリアに行けますので、本当に不自由ない勉強活動が出来ます。

また、土日食事取れない場合は、学校から出て右側に行き右に曲がったの簡易的な市場にあるパン屋さんは1個2ペソのおいしいパンを売っているのと(現地の人並んでいるのでわかるとは思います)。
夜は学校から歩いて10分くらいに9時以降に開くレストランがありますので(場所は、学長の直樹さんに聞いて下さい)そこでの食事もありだと思います。
味は保障しますが、高カロリーの深夜帯の食事になりますので食べすぎには注意してください。

 

◾️持っていくと便利だと思ったもの
①エコバック:私は、フィリピンビールのサンミゲルレモンフレーバーにはまり毎日購入したのですが、こちらでの買物は紙パックでのお持ち帰りなのでかさばります・・・

②運動靴:朝は学校近くでジョギングしている人も多くいたりしますので、歩いて運動不足解消出来るように(トイセクルで10分ぐらい移動したところに有料ジムもあります)

③ペットボトル:ウォーターサーバが設置されているので水は買わなくても大丈夫ですので、授業でしゃべりっぱなしでのど渇きますので、水を入れておくと便利ということで。

④チョコレート:頭を使うので糖分欲します。フィリピンでも売っていますが...劇甘ですので(これはこれでおいしいですが)

⑤アイスノン:クーラー完備されていますが、アイスノンがあれば共同冷蔵庫で昼間冷やしておき、寝るときに使えばクーラー代を抑えられるかもしれません(まぁ、電気代安いけど)

 

◾️感想
非常に短い期間(4日間)での英会話留学でしたので、今回で英語力が伸びたとは言いきれる感覚までは至っていませんが、今後の英会話勉強に対するモチベーションを上げるよいきっかけになったとは確信しています。

現在帰国し、日本の英会話学校に、週1回ペースでグループレッスンを受けていますが(たまにマンツーマンになることもありますが)、英会話の勉強はマンツーマンの方がやっぱりよいと改めて思ってしまい、アスターフォローのオンラインレッスンを受けるか悩むぐらい(費用は問題ないのですが、インフラ系の準備や時間的制限等が悩みの種)楽しかった授業を思い出します。

また、今回の実際にフィリピン留学を実施してみて
①(おもった以上に)英会話を勉強したいと考えている人が多いこと
②(おもった以上に)多くの方が実際に英会話留学にチャレンジされていること
③(おもった以上に)シニア層の初心者もたくさん英会話留学していること(特に、BECは多いと聞きました)
という事実を知ることが出来たのが良かったです。
そして、なによりも英会話勉強に集中出来るビーイーキャンプ(BEC)に出会えたのがよかったと思っています。

短い間ですが、楽しく英語勉強させ頂きありがとうございました。
今度は、長期の休みをとってまた「学び」に行きます。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい!

TEL:+63-2-887-1863

年中無休 受付時間 10:00 ~ 19:00