フィリピン英語留学はビーイーキャンプ > フィリピン留学や英語の勉強に役立つコラム > フィリピン留学でどれくらいTOEICの点数が上がるか?

フィリピン留学でどれくらいTOEICの点数が上がるか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOEICの点数が上がるか?

英語を勉強していると必ずと言って良いほど耳にするTOEIC。
フィリピン留学をして英語を伸ばすのはもちろんですが、TOEICは伸びるのか、点数アップができるのかと言う質問もよくお受けします。

フィリピン留学で点数が上がるのかどうかとなると、大半が上がります。
TOEICのスコアがどれくらい上がるかは滞在期間と現状のレベルによります。

TOEICは自分の英語力を図る一つの指標であり、日本社会でも認知があり、就職や昇進に有利に働き、自分の英語力の証明の一つの物差しとなるので

TOEICのスコアを上げたい

と思っている人は多いです。フィリピン留学でも多くの留学生が思っています。
TOEICの日本でのメリットはコチラ ただし、TOEICのスコアを上げるのは簡単ではありません。 もちろん今までの英語歴や個人差はありますが、多くの時間を費やす必要があります。 まずはTOEICのスコアを上げるためには自分の英語力がどれくらいかと、点数を上げるためにどれくらい時間が必要かを知りましょう。

TOEICのスコアを上げる為に必要な時間

TOEICのスコアを100点アップさせるのにどれくらい英語、TOEICの勉強が必要かをまとめました。

  スコア      必要時間
200点から300点   100~150時間
300点から400点   150~200時間
400点から500点   200~250時間
500点から600点   250~300時間
600点から700点   300~350時間
700点から800点   350~400時間
800点から900点   400~500時間

現在のスコアにもよりますが、100点アップさせるのに100〜500時間かかりますね。

自分の英語力のレベル、立ち位置を知り、目標・ゴールを決めます。
TOEICで良い点数を取るためにはまずはこれが重要です。
TOEICの目標スコアが決まらないと、「とりあえず良いスコアを取りたい」となります。
目標スコアが曖昧なままTOEICの勉強をしても暗闇の中を走るようなもので、なかなか良い結果が出ず途中で挫折する人を多く見ました。
効果的に勉強して良いスコアを取るためにも、自分の立ち位置を知りましょう。

TOEICのスコアを知る・目標スコアを決める

自分の立ち位置を知るためには、TOEIC模擬試験を行うか、実際に試験を受けましょう。
フィリピン留学を予定しているのであれば、フィリピン留学前に一度試験を受けておくのが良いでしょう。
本番を一度経験しておくことは大きな財産となります。
試験の内容、流れも分かります。この経験がなくて勉強しても、イメージがしにくく時間がかかってしまいます。
実際にTOEIC試験の雰囲気を経験することも大きな財産となります。これだけでも50〜100点上がる人もいます。
特に、初めての試験は「わけがわからず終わった」、「緊張した」、「時間が全く足らない」と言う方が多いです。

自分のスコアが出たら、TOEICスコアの目標スコアを決めましょう。
990点でも構いませんが、それは最終目標として、1つ目の現実的に取れそうな目標スコアを設定しましょう。
目標は小さ過ぎず、大き過ぎずな目標スコアを設定しましょう。 最初は自分のTOEICスコアのプラス100-200点、またはプラス200-300点を設定しましょう。

目標スコアを設定する際に、TOEICの点数を上げるために必要な勉強時間を参考にしてください。
それと、日本の企業や会社での区切り・目安は、600点、730点、860点と130点きざみに上がっていきます。

企業が期待するスコアも部署や状況によって異なります。
以下は「人材育成における英語に関する調査-2015」、「TOEIC Program DATA & ANALSIS」のデータです

企業が期待するスコア   実際の平均スコア
営業部門   655-865   453
技術部門   525-775   490
海外赴任   480-775   498
中途採用社員 585-795  
新入社員   450-650   498

期待と実際の平均スコアに結構差がありますね。


また、以下はTOEIC®が発表しているスコアの英語レベルの目安となります

400点から495点  英語で書かれた看板を見て理解できる
500点から595点  英語で簡単な質問が理解できる
600点から695点  英語のメモが理解できる、ゆっくりとしたスピードで話された場合の道順の説明が理解できる
700点から795点  英語で書かれた社内文書や仕事の進め方について理解できる
800点から895点  Webから英語で書かれた情報の収集、同僚との議論を理解できる
900点から990点  英語で書かれた高度な専門書を理解できる、ネイティブの議論を理解できる

英語を勉強したことがない人でしたら400点を、ちょっと勉強したことがあるが慣れていないという人は500点を、フィリピン留学でがっつりと勉強して絶対に良い点数を取りたいのであれば600-700点を設定してみてはいかがでしょうか?
すでにTOEICスコアが600-700点ある方は、プラス100-200点を目標スコアとして設定してもらっています。

目標が決まったら、『絶対に目標に到達する!』という鉄の意志を持ち勉強をします。

フィリピン留学でどれくらいTOEICのスコアが上がるかは滞在期間と現状のレベルによりますと先に述べましたが、実際にどれだけ伸びるのかは上記の現状の点数と必要勉強時間から出します。

フィリピン留学で多い事例は、現状の点数が300-400点で、1ヶ月の滞在で100点づつアップするというのが多いです。
2ヶ月なら500-600点
3ヶ月なら600-700点
4ヶ月なら700-800点までアップするのは十分に可能です。

もちろん、しっかりと勉強時間を確保したという場合になりますね。


フィリピン留学でTOEICを受ける方法(マニラ・マカティ)はこちら

b.E.CampでTOEICに挑戦した生徒さんの記録はこちら
img_4289

まずはお気軽にお問い合わせ下さい!

TEL:+63-2-887-1863

年中無休 受付時間 10:00 ~ 19:00