フィリピン英語留学はビーイーキャンプ > フィリピン留学や英語の勉強に役立つコラム > 日本人経営で小規模英語学校の強みとは?

日本人経営で小規模英語学校の強みとは?

日本人経営で小さい英語学校の強みとは?について書きたいと思います。

まず日本人経営について良い所は、日本人の方向けに学校が作られているという点です。

日本人経営であれば教科書に日本語訳が記載されている場合が殆どですし、食事も日本人の方に合う食事を提供している事が多いです。
生徒国籍も日本人経営なので日本人の方の生徒比率が多いです。学校によっては、日本人の生徒さんのみの学校もあります。

b.E.Campでは日本人経営なので、教科書には日本語訳の記載がありますし、食事も日本のカレーやお味噌汁を定期的に出したり、調味料も日本から持ってきているものあるので、日本人の方に合うような食事の提供を心掛けています。
連絡事項を載せている学校の掲示板やLineを使用しての連絡事項でも日本語でのやり取りなので、英語がまだ苦手な方でも問題ないです。
フィリピンといえど、日本人の生徒さんが生活する上でのストレスが極力かからないように環境を整えていると思います。

サービス面でも学校の規模が小さいと、生徒さん一人ひとりに行き届きやすくなります。
規模が大きいと物理的に生徒さん全員の相談に乗る事が難しいですが、小規模であれば可能です。

また生徒さんと学校スタッフ間の距離も近いので、相談もしやすいかと思います。

b.E.Campも常時生徒数10名前後の小規模な英語学校です。
生徒さんとスタッフの距離も近いので、勉強や生活の事などの相談もしやすいと思います。
常に日本人スタッフが生徒さんと同じ建物に常駐しているので日本語で気軽に相談できますし、有事の際もすぐサポートする事ができます。スタッフ紹介はこちら

fffcdbc7875388180a1d4a63f7b12fd4_s

まずはお気軽にお問い合わせ下さい!

TEL:+63-2-887-1863

年中無休 受付時間 10:00 ~ 19:00