フィリピン英語留学はビーイーキャンプ > フィリピン留学や英語の勉強に役立つコラム > フィリピン留学でEOP(English only policy)は有効?

フィリピン留学でEOP(English only policy)は有効?

フィリピンの英語学校によっては、EOP(English only policy)を設けている学校もあります。

EOP(English only policy)とは、英語しか話してはいけないというルールです。
学校によっては時間帯や場所にEOPを設けていたり、留学中はEOP厳守で日本語一切禁止という厳しい英語学校もあります。
英語を真剣に学びたい人ほど、『日本語にはできるだけ触れたくない!』と思いEOP(English only policy)というルールに惹かれるかと思います。

EOP(English only policy)は誰にでも有効というわけではなく、人によってはやらない方がいいと思う方もいますし、やった方がいいなと思う方もいます。
EOPをお勧めできる人の特徴は以下の3つが挙げられます。


英語レベルが中級以上
英語を喋る意思のある人
英語でコミュニケーションを取りたい人


英語レベルが中級以上
全く英語がわからない初級者の方は、EOPはお勧めできません。
初級者の方は英語を喋る事ができないため多くの場合無言になってしまい、せっかくのEOPのルールが活用できません。
ある程度自分で言いたい事が言えるレベルであればEOPをするのもいいと思います。


英語を喋る意思のある人
英語をある程度喋る事ができても、英語を喋らないのであればEOPをしている意味がかなり半減していると思います。EOPをする場合はとにかく英語を喋るように心がけましょう。b.E.Campではフィリピン人講師も一緒にご飯を食べますし、日本人スタッフにも英語で話しかけてもらえれば、もちろん英語で返答します。

日本語をできるだけ触れたくない理由でEOPの学校を選ぶ場合もあるかもしれませんが、EOPの学校を選んだのであれば積極的に英語を話した方が伸びます。
英語を話す事で自分はどういう事がわからない、言えないなどの発見ができます。


英語でコミュニケーションを取りたい人
人によって英語のレベルが高くなくても積極的に英語でコミュニケーションを取る人がいますが、そういう人は英語のレベルが多少低くてもEOPをするのはありかと思います。
バックバッカーで旅に慣れている人や旅行によく人など、ボディランゲージと簡単な単語とコミュニケーション力でなんとか会話をしようとします。こういう人は授業で習ったことを積極的に授業外でもアウトプットができると思うので、最初は大変ですがEOPのルールの方がスピーキングは伸びるかもしれません。


Basic English Campでは、EOPのルールは設けてませんが、希望者の方にはEOPのホルダーを貸し出しています。
他の生徒さんが日本語で話しかけても、EOPを実施している方は英語での返答となります。
このEOPのフォルダーを首に掛けて実施している以上はEOPを徹底してもらいます。
ご希望の方はスタッフまでご連絡ください。

a1504a71fc1c193e851481aef2fcb209_s

まずはお気軽にお問い合わせ下さい!

TEL:+63-2-887-1863

年中無休 受付時間 10:00 ~ 19:00