フィリピン英語留学はビーイーキャンプ > フィリピン留学や英語の勉強に役立つコラム > 人間が集中して勉強できる継続時間

人間が集中して勉強できる継続時間

何時間も続けて勉強するのは、非常に難しいと思います。それは集中力が切れて、集中して勉強に取り組めなくなるからです。

人間には集中できる持続時間があります。
言われているのが、大人で集中力を持続できる時間は平均で50分程で、15分周期で集中力の高い波があるそうです。

子供だと持続時間は15分程で、成長するにつれて集中できる時間が伸びていきます。

集中力の限界は約90分が限界だそうです。大学の講義が90分なので、ぎりぎり集中して授業に取り組める時間設定という事になりますね。

フィリピン留学で多くの学校の1コマの授業時間は50分です。
大人であれば集中して授業を受けられる時間ですね。

授業は10分の休憩があります。その際は脳をしっかり休ませる事で、次のクラスも集中して授業に臨む事ができます。リフレッシュして脳を回復させましょう。

b.E.Campでは、屋上にサンドバックが設置されています。
1

小さい学校なので、大きい英語学校のようにジムは完備していませんが、適度にサンドバックを叩くだけでも、リフレッシュできると思います。
男の生徒さんはよく叩きに来る人が多いです。ガチで叩きに来る方も中にはいます。笑
軽い筋肉の運動は脳を活性化させるので、やる気もでてきます。

授業でかなり疲れていると感じたら、昼寝もいいと思います。10分でもだいぶ脳は休まるはずです。

フィリピン留学は基本マンツーマンがメインで、英語を話す機会も多い能動的な授業が多いので、受け身の授業より疲れます。
特に英語に慣れていない方は、精神的にもかなり疲れると思います。
休み時間にしっかり脳をリフレッシュさせて、なるべく集中して授業を受けれるようにしましょう。

食べ物や飲み物で集中力を高める事もできます。
・ブドウ糖を摂取(バナナ、チョコレート、はちみつなどで気軽に摂取できます。)
・カフェインの摂取(コーヒー、緑茶、紅茶など)

授業後の自習も、フィリピン留学時は非常に重要です。
ここをしっかりやるかやらないかで、成長のスピードは大きく変わります。
ただ授業を受けるだけでは、大きな成長を望むのは難しいと思います。

集中力が高い周期が15分毎なので、15分毎に文法や単語、音読、シャドーイングなどやる事を変え、その都度リフレッシュして継続していくのもいいと思います。自分が一番集中して取り組めるやり方を探して、継続して予習、復習を行ってほしいです。

自習時間にb.E.Campの多くの生徒さんが取り組んでいる人気の単語キャンプというのがあります。授業外でやらないといけないため大変ですが、続ければ確実に英単語力がつきます。単語キャンプについてはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

39807d4127b678b3c8cb398660ab755f_s

まずはお気軽にお問い合わせ下さい!

TEL:+63-2-887-1863

年中無休 受付時間 10:00 ~ 19:00